長野県白馬村で開催されるトレイルランニング大会の公式ブログです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
先をいそぐ!
フ! では、今回も、オレ様が行くとしよう!

10081516a6.jpg

しかし、黒王号は、何処は行ったか・・・

奴がいれば、より快適に進めたものを!


まぁ、ひとたびのみ、呼んでみようか!

「黒王号ー!!!」

・・・・・・・

ム!! 誰だキサマは!!

image_201309120201556a3.jpg

馬には、違いなさそうであるが、、

なんと、やる気の、覇気のカケラもナイ・・・

まさか、私が、コヤツ体を預けるわけなどない!

そこを退け! 邪魔である!

image2_20130912020711a80.jpg

退くだけでは足りん! 目障りである!

image3_20130912020711303.jpg

まったくナメておる!

しかし、無用な殺生はイカンと最近覚えた。

放っておこうか。


では、参る! オレ様の足で!

木こり後半1

ここが、木こりの道、夢農場からの下りの入口である!

木こり後半2

木こりの道 既存のマップもある!

しかし、今大会のマップでないので、注意も必要である!

では、いざ、行こうか!

木こり後半3

基本は下りである。

木こり後半4

しかし、道が次第に狭まって行く

木こり後半5

いや、広がった!

木こり後半6

いや、狭まった!

木こり後半7

下りである!

木こり後半8

足元注意!である!

木こり後半9

ぬおー!!

下りだしたら、と、、止まらん!この下り!!

なんだと!? この黒土!!

木こり後半10

滑った!ではないか!!

危ういところであったわ!!

木こり後半11

まさか、オレ様が、こんなところで

地べたに這いつくばることなど・・・!

木こり後半12

ムム!なんだ、ここの突然、食糧にも見えなくもないものが!!

そうか! これが! エイドという所であるか!

なかなか洒落ておる! しかし、これを食すときには、

トキを呼んでからにした方が良さそうだな!

木こり後半13

フフ! これを食す「トキ」には「トキ」を呼ぶ!

あははははは!

木こり後半14

つい、ここでくり出してしまった!

くだらんおやじギャグという秘伝の奥義である!!

木こり後半15

ははははh!

道をくだっているのに、くだらんおやじギャグ!!

ははははははははh!

どうだ!奥義を連発だ!

木こり後半16

ほう!ここは重要だ!

見れば ↑ わかるな。 曲がるのだよ!

木こり後半17

本来、オレ様は道を曲がったりなどしない!

ただ直進あるのみ!

木こり後半18

それが、オレ様の軍の進み方である!

知っているものも多いであろう!

木こり後半19

しかし、その考えはもう古いのだよ!

曲がるべきところでは、素直に曲がる!それが正しいのだよ!

木こり後半20

最近、私の軍もなかなか近代化が進んできた。

今は、いないが、黒王号などは、

ETCカードも搭載できるようになった!

ナビも対応しておる!

木こり後半21

そして、これは、有名な話であった

オレ様の軍が通過した後は、

草の1本も残らん!と。

木こり後半22

これは、正しく訂正しておこう。

そんなワケあるはずないではないか!

オレ様の軍は草刈隊ではないのだよ!

木こり後半23

証拠に、オレ様が通った道であっても、

最近、トレイルランとやらのコース隊が必死に草刈をしておった!

写真 2013-09-10 14 29 30

フ!!せいぜい頑張るがよい!

オレ様も地球にやさしくなったのだよ!

木こり後半24


なぜだと思う?

本来のオレ様たちの設定の世界「199X年」・・・

木こり後半25

こんな時代はとうに過ぎ去った・・・

いまは2013年! しっかり時代を見つめて生きているのだよ!!

木こり後半26

地球にやさしく、人にもやさしく、

しかし、トレイルランナーには厳しく!!

これが、オレ様の心情である!

木こり後半27

↑ ところで、この「エキスパートコース」

なんの表示であると思う?!

ハッキリ言おう!!

「我々の大会とは関係ないのだよ!」

惑わされるでないぞ!!

木こり後半28

しかし、この辺りは良いトレイルが続く。

日当たりも、まずまず。

木こり後半29

地面はふかふかの

いわゆる最高のトレイルというやつである。

木こり後半30

しかし、1点だけ気をつけねばならぬことがある。

木こり後半31

それは、この辺りは、A7エイド~A8エイド間で

両エイドの中間地点であり、両エイドよりもっとも、遠い場所である。

木こり後半32

心配になるのは、、

私の持っていた水も、、既に、、

しかし、前進あるのみ!オレ様に後退などナイ!

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・

なんと、鋭利な切り口、

このような鉄塔さえも切り裂くとは、、、

さては、南都の使い手が、、、

木こり後半33


・・・・・

奴らを、恐れているのではないぞ!

しかし、熊鈴を携帯していた方が良さそうだな。

チリン♪ チリンだ!!

木こり後半34

この辺りは、所々にコースを示す矢印があるな!

フン!!従ってやろうか!

木こり後半35

ム!またしても矢印! オレ様に指図するとはいい度胸だ!

木こり後半36

そして、ココで分かれ道である!

迷わず、左へ進むのだ!諸君!

木こり後半37

あとは、道を下るのみ!

木こり後半38

ふむ、くだってきたら、若干、麓の気配が漂う。

安心感があると、一般庶民は言うであろう。

木こり後半39


しかし、私には何も感じない!

今はただ、A8エイドを求めるのみ!

木こり後半40

では、今日はココまで!

さらば!


3rd.jpg

9月15日開催  白馬国際トレイルラン

大会まで、あと4日!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 白馬国際トレイルラン. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。